宝くじが当たったで嘘を付いて何が楽しいの?

スポンサーリンク

freee151108309478_TP_V

何が楽しいの?

巷では、フォトショップで宝くじの画像を加工して「宝くじが当たった!」と画像を見せ楽しむのが横行しているらしい。

「それ、何が楽しいんだ?」と、小一時間、問い詰めたいな。むしろ見てて痛々しいと思う。

他人の金には興味ない。

大体、宝くじで1等の数億円に当選したら他人に見せるか?見せないだろ??

そんな見せないだろうものを見て「本当に当選してる!」とか言って、拡散させて何が楽しいんだ?喜ぶのは、偽当選画像をアップした本人だけだろ??

仮に当選していたところで、所詮は他人の金なんだぜ!そんな金に興味ないわ。

結局は「金」か!

結局さ、ダメ人間も金のあるなしで決まる世界なんだよな。

金持ちが、いくら自分をダメ人間だと語ったところで誰にも同情されずで、仮に、その金持ちがそんなことを言おうものなら「エアダメ人間かよ!」とか「エセダメ人間かよ!」と突っ込まれるだけ終わる。

逆に、貯金ゼロの奴が、ダメ人間を語ると「お前はダメ人間だ!」と認定され同情を集める。そいつの性格や行動などは全く無視で、詰まるところ金のありなしで全てが決まってしまう。

最後に

金・金・金、世の中、所詮「金」なんだよな。金さえあれば自分に降りかかる90%以上のことは対処できるからな。使い切れない有り余るほどの金が欲しいな。

給料が安いダメ人間キャビンの貧乏飯 → 「ズボラ男のズボラ飯ブログ

スポンサーリンク