私がお金を貯め始めたキッカケになったのは何だったのか?

スポンサーリンク

転職ばかりの人生

私の転職回数は、かれこれ10回は確実に超えていて、正確に数えたことがないのでわからないですが、もしかしたら15回を超えているかもしれません。

そして、何度か転職を繰り返すうちに、私はもしかして「社会不適合者」なのではないかと思い始めていました。

それは、どの会社に行っても人に馴染むことができず、人間関係などで何度も仕事を辞めてしまっていたからです。

私は、普通の人ならそれほど悩まない些細なことでも悩んでしまい、そのことで仕事が嫌になってしまい、その結果として仕事を辞めてしまっていました。

社会不適合者の私

そこで思ったのは、私は将来的に仕事で行き詰まるかもしれないと思いました。

仕事で行き詰るとは、年齢を重ねるうちに転職することができなくなり、次の就職先が決まらず、高齢になって路頭に迷う可能性もあると考えました。

そして、仕事に行き詰まることになれば、仕事をなくしますし、そのことで当然収入が途絶えてしまいます。

そこで、仕事を辞めて収入が途絶えても、ある程度の貯えがあれば生き伸びられると思ったことが、私がお金を貯め始めたキッカケになります。

そして、それまでは「ギャンブル依存症」ともいうべく、給与が入ればその多くをパチスロに散財するといったことを繰り返していました。

パチスロで散財

また、毎月もらっていた給与のみならず、年2回もらうボーナスまでもパチスロに注ぎ込んでいました。

そして、パチスロで負けると「もうパチスロなんて二度とやるもんか!」と、そのときにはパチスロをもうやらないと、心に強く誓うのですが・・・

しかし、その気持ちも一週間も過ぎるとケロっと忘れてしまい、またパチスロに行くといったことを繰り返していました。

それでも働けば給与が入ってきますので、パチスロで散財してもまた働けばいいやと思い、当時はお金のことを安易に考えていました。

最後に

上記に書いた、私は社会不適合者かもしれないと思い始めてからは、今後仕事で行き詰るかもしれないことを想定して、お金を貯めることにしました。

それからは、パチスロに行く回数は徐々に減っていき、さらにネットに出会ったことで、パチスロよりもネットの方がおもしろいと思うようになりました。

そして、パチスロよりもネットに夢中になり、そのことでパチスロに行くことはほぼなくなりました。

そんなところが、私がお金を貯め始めたキッカケになったのですが、私の詳しい資産状況を知りたいという人は、下記のURLを参照して下さい。

URL:私の月別資産状況
URL:私の年度別資産状況

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク