私が休日出勤を断る理由とは?仕事よりブログが大事!?

スポンサーリンク

休日出勤について

今週の仕事は、通常より1日少ない4日間の勤務でした。

本来なら祝日が2日あったので、3日間の勤務になるはずなのですが、そのうち1日は「休日出勤」をしたので、4日間の勤務になっているということです。

その休日出勤をするといつも思うことがある。その思うこととは?それは「これって、休日出勤する意味があるのか?」と思うこと。

やることがない休日出勤

休日出勤をすると、必ずではないけど、ほぼ毎回といっていいほど、あまりやることがない。そして、やることがないので、来週に回そうと思っていた仕事などをやる羽目になる。

なぜ、休日出勤を頼まれるのか?それは、会社として、もし何かあったときのための対応要員として、休日や祝日に関係なく、ある程度の人員を社内に確保しておきたいから。

だから、休日や祝日が忙しくて休日出勤しているとかではなく、毎回、人員確保のために休日出勤させられているということ。

休日出勤するのが当然と思われたくない。

本来なら、その休日・祝日要員を「正社員」が持ち回りというかローテーションでやっているのですが、どうしても休みや仕事の都合で人員不足になることがあります。

そいうったときに、自分みたいな契約社員などが上司に呼ばれて「今週なんだけど休日出勤できる?」みたいにいわれます。

自分は、基本的に仕事嫌いなので、上司に休日出勤を命じられても、3回に2回は「架空(エアー)の用事」があるといって断っています。それは、いつもで休日出勤ができる人と思われると、毎回休日出勤の話しを上司から切り出されるようになるからです。

そうなると、上司にいちいち用事があると断るのが面倒だし、かといって、気を使って毎回休日出勤をするのも嫌だしで、それで3回に2回は断って、上司に「コイツに休日出勤の話しをしても無駄」と思わせるようにしています。

最後に

休日出勤は、楽だから別に出勤してもいいんだけど、休みなのに、休日出勤するのが当たり前みたくなるのが嫌だし、上司の顔を立ててみたいな馴れ合ったりするのも嫌だし・・・

また、仕事自体も嫌だしで、そこで、休日出勤を3回に2回は断ってるというのがあります。

それと、自分の趣味はブログを書くことなんだけど、仕事が休みの日に、そのブログのことを考えるメインの日にしているので、それを休日出勤で潰されるのが嫌だというのもある。

そんなんで、休日出勤の仕事自体は楽なんだけど、仕事が嫌いだし、体を休めたいのもあるし、ブログのことを考えたいのもあるしで、休日出勤を極力断っているということです。

ダメ人間人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク