4月といえば入学式で思い出すのが高校受験

スポンサーリンク

高校受験

4月といえば入学式の時期で、入学式で思い出すのが「高校受験」

自分は、高校受験のときの偏差値は「50」を行ったり来たりしていて、偏差値でいえば「普通ぐらい」の成績だったのですが、内申点が高かったので1ランク上の高校を受験しました。

自分が中学生のときは、まあまあ真面目な生徒だったので、中学の成績は偏差値とは違い多少上位の方だったので、偏差値が低い割には内申点は高かった。

1ランク上の高校を受験

その偏差値に見合わない高い内申点に助けられ、偏差値でいうところの「55ぐらい」の高校を受験しました。

そして、その高校に無事に合格して、その高校に行くことになるんだけど、その高校受験のときの点数を自己採点したところ思っていた以上に良くて、受験した高校よりも、もう1ランク上の高校でも合格できる点数でした。

そこで当時は、その高い点数を取ったことで、高校受験に失敗したわ~、もう1ランク上の高校を受験しておけば良かったわ~と思いながら、高校に入学してからの2ヵ月間ぐらいをモヤモヤした気持ちで過ごすことになる。

高校での成績は普通

しかし、自分は元々勉強が大嫌いな人だったので、高校に入学して初めての中間テストで平均的な点数を取ることになる。

平均的な点数なんだから別にいいじゃん!と思うかもしれないけど、自分の頭より1ランク下の高校だと思っていたので、納得しない部分があった。

この平均的な点数で思ったのは、中学生のときは頭の良いのも悪いのもひっくるめて1つの学年だったんだけど、高校になると自分と同じ様な頭のレベルの人が多数で、そのような中からすると自分の頭は平均的なんだと気付かさる。

ここで、仮に今の高校よりも無理してもう1ランク上の高校に行っていたら、多分だけど下から数えた方が早いみたいな成績で落ちこぼれになっていたと思う。

そう思ってからは、高校受験が失敗だったと思わないようになっていた。

最後に

これは仕事にもいえることで、下手に自分の能力よりも高い会社などに入ろうものなら苦労するのは目に見えていると思う。

そういったことに努力して乗り越えられる人もいるんだろうけど、自分には無理な話し。

それは、過去に能力もないクセに、業界大手といわれる会社に入社して、失敗したのを身を持って経験しているから。

自分の能力に見合わない低いところだと不平や不満がでる。しかし、自分の能力より高いところだと挫折したり逃げ出したりしてしまう。

結局、人間ってのは、高校にしろ大学にしろ会社にろ「能力相応」ってのが、一番良いんだろうな。

スポンサーリンク