キャビンの高校生時代

スポンサーリンク

普通科に進学

高校は、普通の高校に進む。いわゆる「普通科」っうやつ。

勉強が大嫌いだったので「工業高校」とか「商業高校」とかも一瞬考えたんだけど、なんとなく漠然なんだけど、大学に行きたいと言うか大学に行くのが当たり前だと思っていて、そんなのもありで工業高校や商業高校には行かずで普通科に進学しました。

ただ、両親に金の負担は掛けたくなかったので、大学進学を考えるなら「私立」の方が良かったんだけど、安い方を選び、その私立には行きませんでした。

バイト三昧の日々

部活には入らずで、高1からバイト三昧の日々、新聞配達・コンビニ・宅急便・居酒屋など、ここでも今と変わらずバイト(仕事)を「転々」としていました。

授業中は、バイトで疲れて寝ているか適当に授業を聞き流していました。小・中学生時代と相変わらずの勉強嫌いを通していました。

バイトをした理由

バイトをした理由は、単に「小遣い稼ぎ」のため。ずっとバイト三昧だったので、高校時代は金に苦労した記憶がない。それと両親から小遣いを定期的にもらった記憶もない。

小・中学生のときは、それほどうちが貧乏だとは思っていなかったんだけど、中3の後半ぐらいになってっから、うちが貧乏なのを急に意識し始めて、だから、高校は私立に行かなかったし、小遣いももらわなかった。なんとなくそうすることが良いことだと思っていた。

ダイエットに成功

そんな高校生とバイトとの2重生活をすることで、忙しくて飯を必要以上に食わなくなりで、食っちゃね食っちゃねして甘えていた小・中学生時代に比べ「30キロ」近いダイエットに成功するも、逆にガリガリになり過ぎて健康診断のときに医者から怒られる。

そこで、小・中学生時代に比べ、痩せて体型的にも容姿的にも若干マシになるも、残念なことに相変わらずの「根暗」で「ブサイク」は治らずでした。

そんなのだから、女性との会話も全くなく、当然、彼女とかの女っ気は全くなかった。高校時代にバイト以外で女性とまともに話した記憶がない。

人生で一番輝いていた!?

今思うと、高校生のときが人生で一番楽しかったし輝いていたと思う。特にバイトは楽しかったな。バイト先の人はみんな良い人ばかりだった。

高校の3年間は、バイト三昧だったんだけど、そのバイトでは怒られた記憶がない。そのぐらいどのバイトも仕事をしやすい環境だったんだと思う。それは、若いと言うことで、みんなが気楽に接してくれていたからだと思う。

高校時代が一番のピーク!?

で、学校自体に特に良い思い出はない。高校時代は、学校の時間は適当に流してバイトを楽しむみたいな感じの日々だった。

多分、この高校時代が人生で一番のピークだったと思う。それは高校卒業以降、仕事にしろ生活にしろ、生きていて楽しいかったと思う記憶がほとんどないから。

スポンサーリンク