コロッケを買いに行っただけなのに老夫婦に嫌味をいわれた!

スポンサーリンク

昔のコロッケの思い出

昨日、スーパーに買い物に行って、たまたまコロッケを見たところ、急に昔の嫌な思い出がよみがえってきて・・・

それは、約1年半前の話しになるのですが、スーパーにコロッケを買いに行ったときに、老夫婦に嫌味をいわれたという話しです。

あのときは、こんな老夫婦が世の中にいるのか!と思ったし、マジで嫌味な老夫婦だなと思ったな。そのことでイライラが1日中止まらなかった。

以下、再投稿になりますが、興味のある方はどうぞ。

コロッケを買いにスーパーへ

昨日のことなのですが、急になぜか「コロッケ」が食べたくなり、急いで地元の小さなスーパーに行ったのですが・・・

スーパーには、閉店間際に行ったこともあり惣菜がほとんど残ってなくて、コロッケ系の食べ物で残っていたのは「コロッケ1個」と「メンチカツ1個」のみでした。

そして、早速スーパーに行った目的である、残っていたコロッケを買おうと思ったところ、横から突然老夫婦が登場してきて・・・

そこで、老夫婦の婦人の方から「良かった~、コロッケが残っていたわよ!」とかすかな声が聞こえてきて・・・

コロッケ1個のことで老夫婦に嫌味をいわれる!

しかし、わざわざスーパーにコロッケだけを目当てに買いにきていた自分は、その婦人の声を無視するかのように、コロッケをサッと取り上げて袋の中に入れる。

それから、もう1個残っているメンチカツを買おうかどうかと迷っていたところ、老夫婦から話し声が聞こえてきて・・・

老夫婦「あ~あ、コロッケ買われちゃったね。」
老夫婦「今日は、コロッケが食べたかったな。」
老夫婦「若いんだから、譲ってくれてもいいのにね。」
老夫婦「もう、ご飯食べる気なくなったね。」

コロッケ1個のことで、そこまで嫌味をいううかというぐらい嫌味をいわれてしまった。

嫌味な老夫婦

そこで大人気なかったと、譲った方が良いと思い「もし良かったらどうぞ」といって、老夫婦にコロッケを差し出したところガン無視され、老夫婦は店を出て行ってしまった。

無視するなら始めから嫌味とかいうなや!気分悪りいわ!!

そもそも、嫌味をいわれた時点で「それって、嫌味をいうとか違くね?」と思っていたところを無理やり気を静めてコロッケを譲ったのに、無視するとか最低だろ!

そして昨日の夜飯は、その老夫婦のせいでイライラしてて、コロッケの味が凄くマズく感じたという話しでした。

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク