競輪で1日で50万負けて放心状態になってしまったハナシ

スポンサーリンク

ギャンブルバカ

このブログでは、パチスロのことはよく書いているのですが、私はパチスロだけでなく、ギャンブルと名の付くことは一通りやっていました。

その中でも「競輪」は、パチスロに次いで大負けしていて、それでもパチスロに比べると大したことないのですが・・・

そこで、今でも鮮明に覚えている、競輪で1日で50万負けた話しを書こうと思います。

パチスロ以外のギャンブル

以前からパチスロ以外にも、競馬、競輪、競艇、オートとやっていたのですが・・・

そのギャンブルをやっていたのは暇なときだけで、1回に賭ける金額も100円から、多くても数百円と小さい金額で遊んでいました。

それは、私の中では、ギャンブルはあくまでもパチスロがメインで、パチスロを打つお金がないときの暇潰しとして、上記のギャンブルをやっていたからです。

しかし、20代後半のときパチスロで20万ぐらい大勝ちして、浮かれた私は「ここは倍プッシュやろ!」と思い、その勝ったお金を持ち翌日競輪場へ行くことにしました。

マーチンゲイルの法則

パチスロ以外のギャンブルで、趣味ではなくギャンブルとして行うときは・・・

基本的に「オッズ」(倍率)を見ながら買っていましたので、選手などにはあまり興味がなく、当たり外れの損益しか頭にありませんでした。

そして、賭ける方法としては「マーチンゲイル」が基本で、マーチンゲイルの法則とは・・・

まず、1単位賭け負ければその倍の2単位、さらに負ければさらに倍の4単位と賭け、一度でも勝てば1単位に戻すという手法です。

マーチンゲイルの法則は、負けることが少ない手法ですが、勝つときは少勝ちで負けた時は大敗してしまい、負けが連続するとたちまちパンクしてしまいます。

マーチンゲイルの法則を実践

話しは戻って、パチスロで勝った20万円を握り締め競輪場へ行き、賭ける方法はもちろん、上記に書い「たマーチンゲイルの法則」に従って賭けました。

そして、オッズ(倍率)を見ながら「1番人気」の車券を買う。まず1万円から購入して、1万2万4万8万と賭け、全てのレースを外してしまい「15万」を一気に失う。

そこで「ヤバイ!15万取り返さないと!!」と思い、次のレースを見送り、速攻でスクーターに乗って銀行へ走る。

そして、いくら下ろすか迷うも「取りあえず、30万もあれば足りるだろ?」と思い、その場で30万を下ろし競輪場へ戻る。

1日で50万を失う

それから、最後に外した「8万」の2倍の「16万」を賭て外してしまう。

次は、マーチンゲイル法則に従えば「32万」賭けるはずなのですが、金がないのであり金の全ての「19万」を賭け、それも外してしまい、1日で50万も失ってしまった。

そして、最後に1番人気の車券に19万突っ込むときは、手が震えてドキドキしながら車券を買ったのを今でも覚えています。

また、今思えば最初の賭け金を1万ではなく、千円からスタートすればば良かったし、そもそも、パチスロで勝った20万を失った時点で、止めて帰れば良かったのですが・・・

ギャンブル依存症になっていた私には、到底止めるという決断(選択)ができず、そのまま続行してしまいました。

最後に

最後の19万の車券を外したときは、頭がぼーっとしてしまい放心状態で「あ~あ、やっちゃったよ!」みたいな感じになってしまい・・・

10分ぐらいだと思うのですが、その場にぼーっと立ち尽くしていて、10分後には我に返って競輪場を後にしました。

それ以来、ギャンブルとして競輪やることは、二度とありませんでした。

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク