「特に書きたいこともないんだけど」の書き出しで始まるブログを見て思うこと。

スポンサーリンク

c312f41266e8cfecd65eff935db60948_s

書かなきゃいいんじゃね?

昔は、自分も何の気なしに「特に書きたいこともないんだけど」その言葉をブログで頻繁に使っていました。

それは、実際に書きたいこともなかったしね。

しかし、自分以外のブログで、その言葉を見る度に思うこと、それは・・・

「じゃあ、無理してブログなんて書かなきゃいいんじゃね?」と思うこと。

フレーズ

自分が「特に書きたいこともないんだけど」を使っていたときも、読者の方からしたら「じゃあ、書くなよ!」と思いながら、このブログを読んでいたんだと思う。

そう思うと、なんて詰まらないことを書いてたんだと思う。

ただ、書くことがなくても書きたくなってしまうのがブログであって、そこで書いてしまうのが「特に書きたいこともないんだけど」の口癖というかフレーズなんだと思う。

特に、ブログを頻繁に更新している人は、出てきてしまうフレーズなんだと思う。

他のブログを見て気付かされることがある。

他のブログを見て気付かされることが往々にしてある。

それで「特に書きたいこともない」が、ダメなフレーズだと気付かされた。

それからは、上記に書いた「特に書きたいこともない」などの言葉は、極力書かないようにしている。

最後に

ブログを継続的に続けるのって本当に難しい。

常に違うネタを書かなきゃいけないし、書く言葉を選んだり、改めて読み返してみると駄文だったりで、書いては消し、書いては消しの繰り返しになる。

こんなことを書くと、それこそ「そんなに気を使うぐらいならブログなんて書かなきゃいいじゃん!」となるんだけど、自分みたいにブログ依存症になっている人には、ブログを書くなというのは無理な話し

仮に、そんな自分がブログを止めるとしたら、それはブログ以上に楽しいことができたときかな?

スポンサーリンク