ブログに何だかんだと書いてみても現実は何も変わらない。

スポンサーリンク

現実は何も変わらない。

ブログに、何だかんだと書いてみても現実なんて何も変わりはしない。

まあ、当然だわな。

ブログに、給料が安過ぎる!運が悪過ぎる!努力が足りない!自分はダメ人間だ!などと、そのようなことを書いたところで、現実は何も変わらない。

じゃあ、現実は何の変わらないとわかっているにも関わらず、なぜそんなことをブログに書き続けているのか?

憂さ晴しがしたいだけ?

それは、書くことによって自分のことを見つめ直すことができるから?いや、違うな。単に憂さ晴し(うさばらし)がしたいだけ?

不平や不満や愚痴などをブログに書くことによって、書いてるときだけは、嫌な現実とか嫌な自分とかを少しでも忘れられるというか排除できるからかな?

それだけでもブログを書いている意味はあると思っている。

ここで、もしブログがなければ?自分の気持ちというか、自分の嫌なことの捌け口がなく、自分の中に貯めっぱなしになっていたと思う。

努力しないダメ人間

でもさ、ブログに何だかんだと書いたところで、それは自分の今の現状を書いただけのことであって、現実を見ると何も変わってはいない。

それは、書いたことで満足してしまって、それだけで大した努力をしないから。

そして、努力をしないから、また同じ現実を繰り返して、また不平や不満や愚痴などを書いて、そして満足する。毎回その繰り返し。

自分でも、現実を変えるためにはどうすればいいのかはわかっている。でもそれをしようとはしない。しなければと思っているだけ。

最後に

不平や不満や愚痴ばかりをブログに書いているところが自分のダメ人間たる理由

まあいいさ、何とかなるやろ?甘いか??

取り合えず、このブログに不平、不満、愚痴、あらゆる嫌なことを書いて吐き出して、現実世界では、平常心で良い人として生きて行くわ。

ダメ人間人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

スポンサーリンク