普通ってなに?仕事でいわれた普通はこんなミスはしないとは?

スポンサーリンク

普通ってなに?

普通という言葉を辞書を引くと・・・

特に変わっていないこと。ごくありふれたものであること。それがあたりまえであること。また、そのさま。どこにでも普通に生えている草のように、ありふれている、珍しくないの意

普通の価値観は人それぞれ

何の気なしに使ってしまう「普通」という言葉

しかし、普通の価値観は人によりそれぞれ違う。だから、自分では普通のことだと思っていても、他人からしたら普通ではないこともたくさんある。

普通におもしろかった。普通においしかった。普通に良かった。普通に楽しかった。その普通ってなに?と思うことがある。

私が使う普通とは?

自分もブログなどで、普通という言葉を良く使ってしまうのですが、その普通という言葉を使うときは「大多数の人がそれを「普通」であると認識している」という前提で使っている。

だから、自分が普通という言葉を使うときには、それを誰もが思うことだろうという前提で使っている。

もっと嚙み砕くと、例えば映画を見て「普通に楽しかった。」と書けば「基本的に、誰が見ても楽しめる映画ですよ。」という意味で使っている。

なんでこんなことを書いているのかというと、今週の金曜日に、仕事でチョットしたミスをして、ある人から「普通はこんなミスやらないだろ!」といわれたから。

ミスに普通とかあるのか?

そのときに「普通ってなに?」と思ったから、普通とはなにかについて書いている。そして、ミスに普通とか普通じゃなとかってあるのか?と思ったという話し。

ミスはミスで、そのミスを説教するときに、普通という言葉を使うのはおかしいんじゃね?と思ったという話し。

それは、俺のミスを普通というなら、むしろそんなことでミスはしないはずで、俺以外にも同じミスをした人がいるということは、普通ではないってことだろ?

なんか重箱の隅をつつくような話しだけど「普通ってなに?」と思ったので書いてみました。

ダメ人間人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク