誰かが不幸になることはすなわち誰かが幸福になること!?

スポンサーリンク

誰かの不幸は誰かの幸福!?

例えば、誰かが1億円を失えば、その1億円は誰かの手に渡ることになると思います。

そして、1億円を失った人は不幸になり、逆に1億円を手に入れた人は、幸福になるこもあると思います。その例が以下になります。

・仕事で誰かが降格すれば、それと入れ替えに誰かが昇格する。

・宝くじに外れれば、他の誰かが1等を手にすることことになる。

・野球で誰かがレギュラーから外れれば、入れ替わりに誰かがレギュラーになる。

・誰かがイジメられていれば、自分はイジメられなくて済む。

他人の不幸は密の味!?

そこで「他人の不幸は密の味」とはよくいったもので、誰かが不幸になれば、それと入替えに誰かが幸福になる。人は、そのことを感覚的に覚えているといいます。

だから、人の不幸を喜んだり楽しんだりする人が、世の中には多くいるという人もいます。

またそれは、感覚以前のDNAの段階で自然と生存本能が働き、他の誰かのDNAの危機は、自分のDNAを残すチャンスだと認識するともいわれています。

とにかく、人の不幸を喜ぶ人は、この世の中に巨万(ごまん)といるということです。

偽善者

そして人によっては、他人の不幸は蜜の味を否定する人は「偽善者」だという人もいます。

それは、他人の不幸は嬉しいとか喜ばしいはずなのに、それを否定するということは、その人は偽善者でしかないということです。

しかしその逆の人もいて、人の不幸を喜んでしまった時点で「恥ずかしい人間」だということを自覚した方が良いという人もいます。

それは、他人の不幸を喜んだところで、一時的に楽しかったり嬉しかったりするのかもしれませんが、最終的に自分が幸福になるかといわれたらそうではないからです。

そして、そのどちらが正解なのかは、私にはわからないです。

最後に

みんなが幸福であるならば、他人の不幸を喜ぶ人などいないのだろうけど、世の中そう甘くはなく、多くの人は自分が不幸というか、他人を羨(うらや)んでいると思います。

その羨むとは、生まれながらにしてお金持ちの家にの生まれた人や、自分のやりたいことで成功している人などを見て羨むということです。

そして、今の不公平な社会だったりストレスが多い社会の中で、人の不幸を喜ぶことでストレスを発散しているという事実もあると思います。

そこで、他人の不幸を喜んだところで、今の自分は何も変わらなとはわかっていても、他人の不幸を喜んでしまうのが、人間の本性というか心理なのだと思います。

一人暮らしブログランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク