自分はダメ人間というブランドを利用しているだけなのか?

スポンサーリンク

自分はダメ人間を利用しているのか?

正直、昔はダメダメいってればアクセス数が上がっていたので、利用している部分は少なからずあった。

利用しているというと、悪意とか嘘をついているような感じだけどそうではなくて、自分のダメな部分を無理やり見つけて、それを書いてダメだと書いていたということかな?

どう表現すればいいのか凄く難しいんだけど・・・

ダメ人間ブログは激減

ただ、今は、ダメ人間ブログなんて旬を過ぎているので、いくらダメダメいったところでアクセス数が増えることはほとんどない。

それを反映しているかのように、ダメ人間ブログといわれるものは、昔に比べかなり減っているからね。

今は、ブログにしろツイッターにしろその他にしろ、読み物としておもしろいものがネットにたくさん転がっている。

そこで、別にダメ人間ブログを読む必要もなく、それでダメ人間ブログの数も読む人も減っているんだと思う。

今の状況

今は純粋に、自分のダメなところを書いたときに「自分ってダメだわ~」と、自然に書いているだけで、利用しているとは全く思ってない。

大体、毎回ダメだダメだとブログに書いていても、そんなのはウザイだけで、むしろそこまでダメを連呼されると「嘘臭せえわ」と思うだけ。

確かに、ダメなヤツは世の中に大勢いるし、自分もそのうちの1人だと思ってるんだけど、ダメだと書けるダメネタなんてのは早々にないからね。

だから、必要以上にダメを書いてるヤツを見ると、そこまでダメを書いて何がしたい?って思って全く共感もせず、コイツ気持ちが悪りいと思うだけ。

ネタに走るヤツは消える運命?

例えば、ダメ人間にありがちな、無職、ニート、ブサイク、彼女いない歴=年齢、貯金ゼロ、低学歴、家族崩壊、資格なし、やる気なしなどなどの設定

確かに上記に当てはまるヤツもいるとは思うけど、基本的にそんなにダメなヤツが、そもそもブログなんてやるか?と思っている。

また、そういったネタに走っているヤツに限って、ブログの書き始めは飛ばすけど、数か月もすると飽きてブログを書くこともなくなり、やがて消えて行く。

最後に

要は、当人は、ダメだダメだと書いている割にはそれほどダメでもなく・・・

最終的にはネタが尽きて、同じような内容のダメ記事を繰り返すようになって、やがて書くこともなくなりフェードアウトする。

もしくはネタをチェンジして、全くダメなことを書かなくなるか?

ダメ人間ブログは、その2者が大部分になるんじゃないのかな?

スポンサーリンク