ダメ人間にありがちな「もし」を考えても仕方がない?

スポンサーリンク

51a345feefa51bd5eed9a3cb59a8708b_s

もし

生きていれば「もし」を考える場面はたくさんあると思います。

それは「もし・・・をしていたら」「もし・・・なら」「もし・・・だったら」などのこと。

人生において失敗の多い人なら、なおさら多くの「もし」を考えると思います。

自分も「もし」というか、あのときに「ああしてれば」とか「こうしてれば」とか思うことががたくさんあります。

もしの例

・もし違う高校に行っていたら
・もし大学に行っていれば
・もし公務員になっていたら
・もし資格を取っていれば
・もし転職に成功していたら
・もし会社を続けていたら
・もし病院に行っていたら

上記にように「もし」を考える場面はたくさんあると思います。

ダメ人間は「もし」を考えることが多い?

「もし」を考えても仕方がないと思ってはいても考えてしまうのが「もし」

その「もし」を多く考えてしまう人は、それだけ人生において多くの失敗というか後悔がある人だと思います。

特に、自分のことを「ダメ人間」だと思っている人は、多くの「もし」を考えてしまうんじゃないかな?

それは、自分のことをダメ人間だと思っているということは、それだけダメな部分が人より多く後悔も多いと思うから。

最後に

今までの人生において後悔がないなんていう人はいなくて、多かれ少なかれ必ず後悔はあると思います。

もし「後悔のない人生を送って来た」とか「今まで後悔したことない」なんてことをいっている人がいたら、そんなのは嘘っぱちで、そんな人の言葉は信じないくて良いと思っている。

そこで、誰だって後悔はあるもので「もし」を考えることで、その後悔を今後は繰り返さないようにできればそれで良いと思うんです。

スポンサーリンク