自分で自分のことをダメ人間と卑下しない方が良いだと!

スポンサーリンク

前を向いてとか無理です!

世間一般には、完璧な人はいないのだから、自分ののことを自分でダメ人間などといわず、前を向いて進んだ方が良いといわれます。

自分で自分のことをダメ人間といっている私もそう思います。

しかし、それができたら苦労などしないわけで、それができないからダメ人間だといっているわけで、それをして、前を向いて進めといわれても無理な話しです。

何度も転職を繰り返すダメ人間

自分の仕事でいえば、学校を卒業して社会に出て20年以上が経ちましたが、その20年の間に、自分は10回以上も転職をしています。

その転職した理由は、仕事が嫌だ、仕事の内容が気に入らない、上司とソリが合わない、嫌いな人がいるなど、辞めた理由はいろいですが、そんな理由で転職を繰り返している自分が、ダメ人間でなくて、果たして何になるんでしょうか?

世の中の人は、1つの会社に入社したら、そこで定年の60歳まで働き続ける。もしくは、1~2回は転職するかもしれないけど、自分のように10回以上も転職するなんて異常なことだからね。

さらに、年齢的にまだ働き続けなければならないので、これからさらに転職を繰り返す可能性だってあるし。

失敗したらくよくよするのがダメ人間?

確かに、世の中には完璧な人なんていないし、失敗しない人なんていないと思います。だから失敗してもくよくよするな!といわれます。しかし、実際に何度も失敗して、その度に何度も怒られたりすれば、くよくよするなといっても無理な話しです。

そこで、一時的にくよくよしても、その後、怒られたことなど嫌なことをケロっと忘れられる人は良いですが、私のように嫌なことを引きずってしまう人もいるわけです。

そして、その引きずってしまうようなことを何度も繰り返す人間を差して、ダメ人間と呼ぶのだと思います。

ダメ人間だと早く認識すること!?

結局、ダメ人間がどんなに頑張ろうとダメ人間なわけで、逆に、ダメ人間から脱却(脱出)できるような人は、元々ダメ人間ではなかったのでは?と思うんです。

だから、自分のことをダメ人間だと思う人は、自分のことをダメ人間だと早く認識して、そんなダメ人間が、これから生きて行くにためにはどうしたら良いか?と考える方が、良いのではないかと思うわけです。

それが、自分の場合は「セミリタイア」という選択で、ダメならダメなりに好転するだろう人生を探すことが、ダメ人間には得策だと思っています。

ダメ人間人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク