なぜ貧乏だった自分が大学を卒業できたのか?

スポンサーリンク

eda0a6e6670093a9da86270961c84a18_s

もしかして金持ちなの?

昨日は、昔住んでいた「ボロ屋敷の話し」を記事にしたんだけど、じゃあなぜに貧乏だった自分が大学を出れたのか?っていう話しになるんだけど・・・

大学を卒業してるとか、本当はお前の実家はそこそこの金持ちなんじゃねえの?とか思われるかもしれないけど・・・

大学を出たぐらいで金持ちとか思われたら金持ちからしたら心外なんだろうけど、大学を出れないぐらいの貧乏の方からすると大学を卒業できるということは金持ちに見えるのかな?

と、少し話しが脱線したんだけど・・・

ここからが本題

で、ここから本題なんだけど・・・

なぜ自分が大学を出れたのか?

それは簡単な話しで、金がなかったので「自費」で卒業したってこと。

自分は大学のときはバイトを掛け持ちしててバイト三昧の日々だったので「月20万ぐらい」稼いでいて、その20万から学費を引いて、大学で食う飯代や電車賃を引いて、残った金を全てパチスロに注ぎ込んでたって話し

そんなんだから大学時代は、バイトとパチスロに忙しく、勉強なんてほとんどしていなかったね。まあ、こんなこと自慢できることじゃないんだけど。

なぜ大学に行ったのか?

じゃあ、なぜ大学に行ったのか?それは単にまだ就職したくなかったのと遊びたかったから。

取りあえず大学に行って4年間でやりたいこと見つければいいや的な感じ?だから勉強とかどうでもいいわと思っていた。

実際、勉強なんて試験前にしかしなかったしね。

最後に

とにかく、そんなんが貧乏でも大学に行けた理由です。

今考えると、若いときの4年間をやりたいこともないのに大学になんか行って無駄に過ごして凄く後悔しているよ。時間と金を無駄に捨てた気分

むしろ、大学の4年間を何か手に職を付けられるような仕事をしいてたら?もしくは公務員試験でも受けていたら?と思うと凄く悔やまれる。

スポンサーリンク