キャビンの大学生時代

スポンサーリンク

パチスロを覚える

高校を卒業後、何とか三流大学に進学するも、高校生のときと同じでバイト三昧の日々を送ることになる。

このとき大学で知り合った「悪友」に連れられてパチスロを覚える。そして、バイト代のほとんどをそのパチスロに散財してしまうことになる。

ルーチンが出来上がる

パチスロを覚えてからは「学校(睡眠)→パチスロ→バイト(夜中)→帰宅(仮眠)」このルーチンが出来上がり、このルーチンで日々を過ごすことになる。

ただし、パチスロで散財していても学費は自分で払うとの約束で大学に進学した手前、両親からの援助も多少あったけど、学費だけは何とか意地でもと思い自分で払い続けていました。

パチスロ依存症

そんな大学生活も、大抵、月の中旬ぐらいになるとパチスロのやり過ぎで金が無くなるので、中旬~下旬に掛け開いた時間に勉強をすると言った感じで学生生活を送っていました。

ただ、パチスロで勝って金があるときは、中旬・下旬に関係なく、ずっとパチスロに通い続け打ち続けていました。ときには、大学を休み、バイトを休み、ずっとパチスロを打つなんてこともしていました。

今考えると「パチスロ依存症」とも言うべく、完璧に「病気」だったんだと思います。

就職活動

それから3年の月日が流れ就職活動の時期に突入する。

やりたい仕事(IT系)はあったものの、当時ITなんて大手でもない限りまともに導入している企業は少なく、そのためIT系の就職先はかなり少なく「諦めモート」になってしまい、そんなのもありで就職活動が適当になってしまっていました。

そして、卒業ギリギリになってようやく内定先が決まることになる。ちなみにその内定した会社は、社員数「10名」の「弱小ソフト屋」でした。

正直、内定した会社は、規模が小さ過ぎていたので行きたくはなかったけど、もう後がなかったので行くしかない状況での就職でした。

最後に

卒業ギリギリだったけど取り合えず内定が出て良かったと安堵するも、この選択が後々失敗だったことに気付くことになる。

そんな感じだったので、大学は一応規定の年数(4年)で卒業できたものの、ギリギリの成績での卒業となりました。

そんな大学時代は、とにかくパチスロありきの日々で、全く意味のない学生生活でした。

スポンサーリンク