ちょっとしたボタンの掛け違いで人生は大きく変わる。

スポンサーリンク

昨日の運の話しの続き

昨日の記事:人生に成功するしないは突き詰めると「運」だけ!そういうことだわな。

昨日書いた「運」にまつわる話しの続きなんだけど、ちょっとした「ボタンの掛け違い」で人生は大きく変わると思う。

そのボタンの掛け違いとは?

対処の方法を誤り、そのことが原因であとから不都合が生じたり、双方の間で食い違いが生じたりすること。

ボタンの掛け違い

仕事をしていると、そのボタンの掛け違いが結構な確率で起こる。

その対処法を1つでも間違えれば、場合によっては会社を辞めることにもなるし、最悪、犯罪者にもなる可能性があると思う。

自分の場合、そのボタンの掛け違いで何度も仕事を辞めている。

仕事にまつわるボタンの掛け違い例

・上司とちょっとしたことで意見が合わず、後に険悪になる。

・作業を1つ間違えて、会社に大損害を与えてしまう。

・言った言わないの水掛け論になる。

・入社前と入社後の仕事内容や給料の話しが違う。

・頼まれた仕事をするも、後から頼んでないと言われる。

自分がまいた種

人生は、自分が選択して、自分で決断をする

人に言われてやることもある。流れに身を任せることもある。

でも、流れに乗ったのも、流れに身を任せた決断をしたのも自分で、全て自分がまいた種

確かにそうかもしれない。

最後に

しかし、昨日書いた運の話しじゃないけど、その選択も決断も良い方向に行くのか?悪い方向に行くか?それは運でしかない。その選択も決断も絶対はないのだから、結局は、運に頼るしかないということになる。

その運に頼った結果を自分がまいた種で片付けてしまうのはどうかと思う。

だから、その選択や決断が失敗だったからといって、自分がまいた種と落ち込むことはないと思っている。

それは、事前にわかっていることや明らかな自分のミスでない限り、全ては運のできごとで、
自分の責任ではないのだから。

ただし、そのことで、周りに迷惑を掛けたとしたら素直に謝ることが必要だし、そのことを悔い改める必要はあると思う。

スポンサーリンク