ダメ人間が書くブログは話しがループになることが多い!?

スポンサーリンク

1年後に残るブログは10%!?

暇潰しにブログでも書いてみるかで、ブログを書き初めてみても、2~3か月もすると半分ぐらいのブログは消えしまうと思います。

そして、仮に10個のブログがあれば、1年後には、1個か残っても2個ぐらいしか残らないんじゃないかな?もしくは、残っていても、ほとんど更新をしていないとか。

それは、ブログを書き始めた当初は、書くネタも豊富にあってスラスラ書けるけど、トキの経過と共に書くネタも少なくなり、そしてブログを書くのが面倒とか飽きたとかで、ブログを書くことを止めてしまうから。

ダメ人間はネタに困る!?

ブログを毎日のように書いていると、書くネタも次第になくなってしまう。特に、ダメ人間に多い、無職、ニート、引きこもり、生保とかになると、ブログを書くネタも、相当困るんじゃないかな?

それは、まず、無職、ニート、引きこもり、生保などだと、働いてないので、仕事のことを書けない。そして、外に出ることも少ないので、外で見たことや聞いたことも書けない。

さらに、年齢が若いとかになると、知っていること、今まで聞いたこと、昔のことなど、いろいろなことに対するキャパも小さいと思うので、さらに書くネタは少なくなる。

ループ芸、論評、批判などが増える。

そして、書くことといえば、毎回同じようなことを書く「ループ芸」となる。

もしくは、ブログに書くネタがないので、ネットで適当に見た読んだりした、ブログ、ニュース、テレビ、映画、動画などの「論評」や「批判」などを書くことになる。もしくは、毎日食べている飯のことなど。

そこで、ループ芸でも論評でも何でも、ブログを書いている本人が、それを楽しんで書いてるなら、全然良いと思うのですが・・・

本人が楽しんでるなら良いと思うけど・・・

しかし中には、詰まらなそうにというか、読んでる方が「なんだこれ?」と思ってしまうようなブログもあって、そういうブログを読むと、そこまでしてブログを続ける意味ってあるの?と思ってしまう。

もちろん、これは「お前にいわれる筋合いはねえよ!」の話しなんだけど・・・

私のブログを続けるための持論としては、ブログなんて楽しんで書かなければ続かないと思うので、ブログを無理に書くんじゃなくて、楽しんで書ければ良いと思うんですけどね。

そうすれば、ブログの内容云々は置いといて、ネタが少なくなったとしても、自然とブログを書けるようになると思います。

ダメ人間人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク