ブログなんてのは自己満足の世界で良いと思う。

スポンサーリンク

ブログが下手な自分

自分は、ブログ(文章)を書くのが凄く下手だと思っている。

それでも、ずっとブログを書き続けているので、ブログを書き始めた当初に比べると、大分読みやすくはなったと思っている。

しかし、そんなのは目糞鼻糞であって、相変わらずのブログ下手なのには変わらない。

そこで、ブログが上手くなりたいと多少努力したとしても、今以上にはブログが上手く書けないのだから、無理に上手く書く必要もないと思っている。

自己満足のブログ

だから、変に気取ったりせず、上手くブログを書こうなどとせず、無理におもしろいことなどを書こうとせず、気楽にブログを書ければ、それで良いと思っている。

それは、自分の思うようにブログを書くという「自己満足の世界」で、ブログを書いているということで、ブログはそれで良いと思っている。

むしろ、ブログなんてのは、自己満足の世界で書かなければ、長くは続けられないと思っている。それうあ、あれこれ考えて無理してブログを書いても続かないということ。

ある1つのタイトルに対して、ブログの中で起承転結させて、1つの記事が出来たで勝手に自己満足する。

ブログを書いた後は知らん!

いうなれば、プロレス技の「投げっぱなしジャーマン」と同じで、投げたあとは知らんよということ。それは、記事を書いたことで満足して、その記事を読んでどう思うかとかは知らないということ。

だから、数日経って自分で書いたブログを読み返してみると、記事の内容によっては「何でこんなこと書いたんだ?」と思うことが良くある。

でも、その記事を書いているときは、夢中で書いているので、記事の内容が変だとかは全く思わず、それを普通のこととして書いている。

そして、その記事が変だからといちいち書き直すとキリがなくなるので、書いたときに満足したならそれで終了させる。改めて書きお直したりは、よほどのことがない限りはしない。

ブログは自己満足で良い

ブログなんてのは、結局は、自己満足のためにしていること。

それは、嫌なことがあれば、その嫌なことをブログに書いて嫌な気持ちを吐き出す。思うことがあれば、その思いをブログに書いて気持ちをスッキリさせる。

ブログの使い方って、それで良いと思うし、自己満足の世界で完結で良いと思っている。

ダメ人間人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク