ときにはブログの記事を書くことが辛いときもある

スポンサーリンク

書けない現実

ブログに書くことがない。というより書けることがない。

書きたいことはたくさんある。しかし、書けないことばかりでモヤモヤしている。

これを書いたら誰かの悪口になってしまうのでは?以前にブログに書いたことの矛盾になってしまうのでは?このブログの読者を嫌な気分にさせてしまうのでは?

そんなことを思うと、書きたくても書けないことがたくさんある。

何を書いてもいい訳じゃない。

自分は、そんな書けない記事を大量にストックしてるのですが、数えてみるとその記事の数は30を超えていた。

ブログなんて自分の書きたいことを書けばいいとこのブログで何度も書いてきた。

しかし、それは書ける範囲で書きたいことを書けばいいという意味で、やたら勝手に好き勝手に何を書いても良いというわけではないと思っている。

しかし、そうやって書ける範囲を決めてしまうと、書きたいことを書けなくなってしまう。要は、書きたいことを書けずにありきたりのことばかりを書くブログになってしまう。

これではブログ本来の「自由に書く」という意味がないと思うも、結局いろいろなことを考えた挙句、書いた記事を何度も修正して差し障りのない文章になってしまう。

批判的なブログは書きずらい

しかし、それはこのブログに限ったことで、それはこのブログが「ダメ人間ブログ」だということが原因

ダメ人間ブログというタイトルからダメなことを書くのがこのブログでは通常で、そのダメな部分を書くには、自分のダメな面やダメな考えなどを書かなくてはならない。

それが、ときには批判的だったりするので、そういったことは書きたくても書けないこともあるということ。

最後に

このブログで批判的な記事を書くことは往々にしてある。しかし、書けない記事というのは、その記事はもっと批判的な内容だから

正直な話しを書くと、ダメ人間ブログというタイトルからその書けない批判的な記事を書けば、アクセス的には多くなると思っている。

しかし、上記にも書いたように、ブログだからといって何を書いても良いわけではないと思っている。

ブログを書くのは基本的に楽しいのです。しかし、ときには書くことをセーブしなければならず辛いときもあるということ。

ダメ人間人気ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

スポンサーリンク