ブログ依存症の自分がブログを書いていて一番怖いこと。

スポンサーリンク

ブログを書いていて一番怖いことは?

ブログ依存症の自分が、ブログを書いていて一番怖いことは何か?

それは、このブログのアクセス数が下がって、誰にも見向きもされなくなり、このブログが誰かれも読まれなくなること。

そうなったら最後、自分はブログを書くことを止めると思う。

ブログを書く意味

だって、誰かに読んで欲しいと思うからブログを書いているのであって、それがなくなったらブログを書く意味がないと思っている。

自分がブログを始めたキッカケは、自分のことを書くことで、過去の自分の考えや思いなどを読み返えしたいと思っていたので、それをブログに書いて保存できればよいと思っていた。

いわゆる「自分への日記帳」みたいな感じで使えれば良いと思っていた。

それが、1年前ぐらいからかな?考えが変わってきて、自分以外の誰かに読んで欲しいとの思いもあってブログを書いている部分もある。

でも、悩むんだよね。

でも、毎日ブログを書いてるとやっぱり悩むんだよね。

それは、他人に読んで欲しいとかどうでもよくて、このブログを書いてる時間は無駄なことで、もっと有効に時間を使うことはできないのかと。

しかし、その有効な時間の使い方がわかるのなら、とっくのとおにブログなんて止めているわけで、結局、今はブログを書くしかないんだよね。そう考えてブログを書いている。

それが、悪循環になっている気もしなくもないけど・・・

悪循環とは?

ブログを書く以外に時間を有効に使う方法がわからない → 取り合えずブログを書く → これでいいのかと悩む → 悩んでも答えは出ず → 最初に戻る

毎回この繰り返し

そこで、どうせブログを書くなら誰かに読んで欲しいと思って書いている。

だから、アクセス数が下がって誰にも読まれなくなるというのが、今ブログを書いていて一番怖いこと。

最後に

昔は、それほど誰かに読んで欲しいとかあまり意識していなかった。ブログなんて、別に自分で読み返せればそれでいいと思っていた。

そこで昔は、自分でこのブログを詰まらないというならともかく、アカの他人のくせに他人のブログを詰まらねえとかいっちゃうヤツは読むんじゃねえよ!そういうのいらねえから!他のブログ行けよ!そのぐらいの気持ちでいた。

しかし、今はそんな文句をいうよりも前に、少しでも多くの人に読んで欲しいと思っている。

どうしてこんな風に変わってしまったのか?自分でもよくわからない。

スポンサーリンク